忍者ブログ

ドライタイプ・乙女

同人乙女ゲームレビューブログ レビュー数…48 攻略の数…33

2017'12.18.Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009'04.13.Mon

時函は18禁ゲームです。18歳未満は購入、プレイもダメですよ~。
ヒコに関してのみ、おおまかに。一度もEDに行けない人用(ネタバレ含む)あとで、詳細にまとめられたら…られたらしたいかもです。

とりあえず、音楽教室は1回行って(月1で行かないと破門)、宿題もそこそこ、プログラムもそこそこで、クラブに顔出して。掃除は絶対小まめに!あとサイバーエンジェルとも時々遊ぶこと。

天彦 攻略
第一章
選択は天彦をえらぶ。
山に行って転んだ時、時間制限選択あり。

第二章
7月22日~(初日はクラブと音楽教室に行くべし)
(探索中会話して好感度もあげよう)
山(ひとりで探索、クチナシの木の手前か、右斜めの草らへん)
川(右側奥から手前)
歩道(一番左の木の下辺り)
学校(一番左の木か、左下あたりのグラウンド)
瀧中邸(夢のかけらについて→竹やぶ)
8月2日までに見つけないと→24.バッドエンド01「ゲームオーバー」
会話を重ねていったり、思わぬ場所を探索すると、スチルはないけど、楽しかったりします!(川に入ってみるとか…、川原の草むらあたりとか…w)

7月27日 母から、遊園地チケットもらう(部屋を綺麗にしておくこと) 雄大、ヒコ、少年を誘う
7月28日 遊園地 天彦と入る 遠回りの道を行くとスチル。左→右→左
7月31日 能(それまでに能についてMAXまで聞き出しておき、チケットを貰うこと)
天彦→天彦(スチル)
     →雄大(天彦、雄大に殴られる)
     →トモ(電話番号を知っていると選択肢出現)
雄大(スチル)

(8月4日に研究所見学を母に頼むから)
8月3日 少年と接触。GRDGRDGDGBD(覚える必要なし)
8月4日 研究所見学
(話の流れからして、どれを進んでも良いと思います)
天彦→手をつながない

8月5日お祭り
天彦に見せたい→天彦(時間制限選択)→本殿にお参りする

第三章
8月6日 ノベル・ストーリー1
8月8日 前日にノベル読みに誘う→当日 天彦の家へ
8月9日
仲直り→つきあう/つきあわない→このまま行くと(or途中で別れると?)、最終日の分岐で、→03.ノーマルエンドA 一博Ver.「目覚め」 or 05.楽園エンド「眠り」

ノベルストーリー、ヒコと見る。
2:7~10日 ヒコの場合ノベルに誘うと、当日になって断りの電話が来るが…。(2日おじゃんになるので早めに)
3:10~13日
4:13~17日
5:18日
読める期限が切れる…→27.バッドエンド02C「奇譚途絶 天彦ver.」

8月11日海へのチケットを貰う(家を綺麗にしておく)→誘う(別に誘わなくても良いかも?)
8月12日 海へ(分岐)
8月13日 線香を買いに(ヒコ法事の日)。流星群見に行く
8月14日 事前に、クラブで宿題を3回済ませて渡すと、椿さんと家庭科の宿題を一緒にすることの選択肢登場。約束すると、その日の途中、白の下着選択→ヒコ登場
8月15日 ノベルを朝見る→流星群 つきあっていた/つきあっていなかった(分岐)

最終章
19日
外へ出るなら、明日の真夜中までに蛍川に来る
中に残るなら、明日は蛍川には来ない


最終日
全部試したところ(おそらく好感度が高くなくてはいけない)
↓反転
エッチあり→(分岐)→行く 11.天彦、真エンド「羽衣」(天彦エンド01)
エッチあり→(分岐)→行かない 12.天彦、楽園エンド「白蛇」(天彦エンド02)
エッチなし→行く 13.天彦、ノーマルエンド「また会う日まで」(天彦エンド03)
エッチなし→行かない 14.天彦、居残りエンド「閉ざされた函」(天彦エンド04)




失敗しつつも、1周で8ED見れたのかな?
効率的に攻略するには、クリア後のアイテム使ったり、序盤から、たまには少年とも会話したりすると良いのかも。

※追加
 天彦の他の攻略は下記で出来ました(2周目) コメントにお答えして詳細加えました。
 基本は、上記の天彦寄りの選択をしつつ、序盤から少年の方を出来るだけ好感度もあげて、好感度+500天彦アイテム携帯(最後まで)、フラフラしつつ黒文字選択。
 最初の探索は、一人で出かけて少年と探索する。3か所少年と(山、川、グラウンド)、2か所天彦と(歩道、学校)、偏らないように交互に探しに出かけたと思います。

 流れとしては、天彦はアイテムがあればすでに好感度は高いので、天彦ルートに乗る選択をして、他は少年の好感度の方をより上げるようにした方が良いです。
  あと楽譜「愛の喜び」をクリアして、装備すると好感度の増加を教えてくれるので、より解りやすいかもしれません(両方クリアすると増減が解ります)

第一章
TCについて自分で考えてみる
それ以外は天彦寄り選択

第二章
私の場合は、1回目の少年との探索で山で、カケラが見つからなくて、少年と2回探索した気がします。おそらく少年と探索したり、会話をしたり、可能な限り好感度を上げると良いと思います。エンドを迎えられない方は、少年との好感度がやや少ない可能性があります。

山(1回目)→もちろん→命名、トモ。
川(水際の花)
グラウンド(ボールを木の辺りで見つける→夢のかけらについて→ゴールポスト)
山(2回目):夢のかけらについて→クチナシの木(夢の内容が一人のとは違う)
※「夢のかけらについて」は、何度か同じ人と探索しても、カケラ見つからない?という場合に、会話で選択可能(白文字)になっていることがあり、選択すると、ヒントをくれます。
ポイント:能を見ること(天彦ルートに乗ることが大事です) 天彦→天彦

第三章
クラブで好きな相手に年下を選ぶ。(これは…好感度は関係ないみたいです)
天彦とつきあうを選ぶ(途中で別れたりしないこと

8月4日 研究所見学
天彦→手をつながない
8月5日 お祭り
天彦に見せたい→天彦(時間制限選択)→帰る

ノベルストーリーは最終日以外はヒコと見る。
ヒコ法事の日、線香を買いに行く。
海と天体観測は黒文字選択。

19日 朋来(or天彦)に抱きつく→朋来のところへ戻る
※ここで、orとなっており、私の場合はどちらも出現し、選択可能でしたが、(雄太特殊エンドを参考にすると…朋来→朋来だけが進めたので)朋来を選択することで、より下のエンドに近づくと思います
 
20日 ↓反転 
     天彦と別れて朋来に走る
     抵抗する→15.天彦、特殊エンド「裏切り」(天彦エンド05)
     あきらめる→16.天彦、闇エンド「花筐(はながたみ)」(天彦エンド06)
     闇エンドは凌辱えろなので要注意。

 一番ツボったのは「忍者戦隊 星影」なのは言うまでもない、異常に美形揃いアニメで笑ってしまったw
 朋来は好きな子を守るタイプ、天彦はいじめるタイプ。でも朋来の方が、天彦より絶対黒くてねっちこいと思う(笑)二人が嫌い合ってるのは、同族嫌悪な部分がありそー。

※追記
 詳細を追加しましたが、これでも進めない場合は、公式の掲示板でお尋ねになった方がよろしいかと思います(汗)
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
彦、特殊エンド「裏切り」(天彦エンド05)について
こんにちは、
あなたの攻略を拝見させていただきました。
天彦、特殊エンド「裏切り」(天彦エンド05)についてですが、あなたの攻略通りに進んできましたけど、どうしてもクリアできません。
他のプレイヤーにも聞いてみましたが、私と同じくクリアできないでした。
ですから、この「天彦、特殊エンド「裏切り」(天彦エンド05)」について、もうちょっと詳しい攻略方法をお願いできますか?
長文すみません、
では、失礼いたします。
Roeliena: 2009.04/12(Sun) 11:48 Edit
詳細追加しました。
Roelienaさんへ

 詳細を追加しました。
 天彦の攻略を上げた後に、少し書き直してしまったので、辿り着けないのかもしれません。

 メモ書きによると、少年との探索を2回行ったのを(カケラの場所だけ記して)簡略してしまったので、そこがポイントかもしれません。
 つまり少年との好感度の量(探索1回分)が関係してそうです。
2009/04/13(Mon) 16:28
trackback
この記事のトラックバックURL:
[54] [53] [52] [50] [47] [43] [49] [48] [46] [45] [44
«  BackHOME : Next »
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
[11/27 フレデリカ]
[08/15 南風]
[07/26 ちひろ]
[12/03 桜美林大学漫画ゲーム研究会 アサヒ]
[09/26 めぇ]
プロフィール
HN:
南風
性別:
女性
趣味:
乙女ゲーム
自己紹介:
趣味が高じて、同人乙女ゲームのレビューブログ始めました。
バーコード
ブログ内検索

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]